ロボットコンテンツ

Pepperと友達になりたい vol.2(基本機能について)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pepperと友達になりたい vol.2

いつもありがとうございます。
営業戦略部の我妻裕太です。

「Pepperと友達になりたい vol.2」ということで本日も記事を投稿したいと思います。

【前回までのおさらい】
前回は、ついにSRA東北にも念願のPepperがやってきました!という所まででした。
詳細は以下をご確認ください。

Pepperと友達になりたい vol.1

さて、今回はお友達への第一歩として、少し触ってみたいと思います。
その前にそもそもPepperってどんな機能があるかよく分かっていなかったので、調べてみました。

 

サイズ(高さ×幅×奥行) 1210×480×425 [mm]
重量 29kg
バッテリー リチウムイオンバッテリー
容量:30.0Ah/795Wh
稼働時間:最長12時間以上
センサー 頭:マイク×4、RGBカメラ×2、3Dセンサー×1、タッチセンサー×3
胸:ジャイロセンサー×1
手:タッチセンサー×2
脚:ソナーセンサー×2、レーザーセンサー×6、バンパーセンサー×3、ジャイロセンサー×1、赤外線センサー×2
可動部 [自由度] 頭:2、肩:2×2(L/R)、肘:2×2(L/R)、手首:1×2(L/R)、手:1×2(L/R)、腰:2、膝:1、ホイール:3
[モーター] 20個
ディスプレイ 10.1インチタッチディスプレイ
プラットフォーム NAOqi OS
通信方式 Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
イーサネットポート ×1(10/100/1000 base T)
移動速度 最大2km/h
移動可能段差 最大1.5cm

※SoftBank様サイトより抜粋しております。

初めて見ての感想は、思ったよりコンパクトでした。
あまりロボットになじみのない私でしたので、とても大きなものを想像していましたが、コンパクトで愛らしい印象です。

pepper-vol2-01

Pepperには感情機能と呼ばれるものが搭載されているようで、
周りの状況や自分の状況によって感情が変わるそうです。

その、感情を表しているのが、以下のタブレットに表示されているビジュアルです。
pepper-vol2-02

ビジュアルが

白の場合:平常時
緑の場合:うれしい時
赤の場合:悲しい時

ということなのですが、今の状態はどんな状況なのでしょうか。

そのタブレットをタッチすると以下のように標準でインストールされているアプリが表示されます。
アプリをタッチするとアプリが起動するといった流れです。

pepper-vol2-03

少し見えづらいかもしれませんが、上記の「設定」メニューから現在Pepperが
接続しているネットワーク名、IPアドレスが確認できます。
※ネットワーク情報はマスクしておりますので、ご了承ください。

pepper-vol2-04

Pepperへは同一LAN上にあるPCであれば、接続ができるようです。
(※)以下は接続のイメージです。
pepper-vol2-05

同じネットワークに接続している場合は色々と制御ができそうですね。
次回からネットワーク経由で実際にPepperとやりとりしてみたいと思います。

今回も記事をお読みいただき、ありがとうございました。
また、次回もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

お問い合わせ窓口

弊社製品・サービス等にご興味を持っていただきありがとうございます。
ご相談/お見積り依頼などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

otoiawase

最新コンテンツ情報をいいねしてチェック!

 

コンテンツを評価する

楽しい時間を過ごしていただけましたか?
少しでも楽しい時間、面白い、ためになったと感じた場合は「いいね」などページ下部のボタンをクリックしていただけますと幸いです。

みなさまからの評価を経て、コンテンツの改良を日々進めていきます。

運営・お問い合わせ

「もう一つの東北」は本当のSRA東北で運営されています:
https://www.sra-tohoku.co.jp/
お問い合わせはこちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る