新卒採用 > 社員紹介 File01

interview01-title

 

SRA東北には結婚・出産後に職場へ復帰して活躍している女性社員がたくさんいます。
女性の学生さんの中には、結婚・出産も視野に入れて就職活動を行っている方も多いのではないでしょうか?File01では、仕事と育児を両立しながら活躍している先輩社員の声を紹介します。(2012年10月インタビュー)
interview01-1
Q:今の業務はどのような内容ですか?
SRA東北がパッケージ製品として展開している「DB-Spiral」のベースパッケージの開発や、導入したお客様に対する保守サポートなどを行っています。
Q:育児休暇を取ることへの不安はありましたか?
1年近くのブランクが発生することについての不安はありました。新しい言語が次々に登場して新しい技術が生まれている中、1年後の自分に対応できるかという不安です。
ただ、”仕事と育児の両立”という面での不安はあまりありませんでした。お手本となる先輩がいたからでしょうか。
Q:子育てと仕事の両立・・・メリット、デメリットは?
デメリットは、子育てと仕事、どちらにも時間が足りないと感じてしまうこと。毎日本当に忙しいです。
逆にメリットとしては、ダラダラした時間を過ごさなくなったこと。ゆっくりする時間はほとんどありませんが、仕事も家事もダラダラやることはありません。何事も少し先を見越して行動するようにしています。
それから、いい意味で他人を頼れるようになりました。仕事に関しては、なんでも自分でやる意識が強かったのですが、お互いにフォローしたり、若いメンバーに任せたりといったこともできるようになりました。チームでやる仕事が多いですから大きなメリットだと感じています。家事、育児でも夫にはかなり頼っています。
Q:SRA東北は女性にとって働きやすい環境ですか?
働きやすい環境です。子供を通じて色々なお母さんと接する機会が多くなりましたが、そういったお母さん達のお話しを聞くと、SRA東北が女性にとって働きやすい環境だということをあらためて感じました。
制度もそうですが、”雰囲気”ですね。子供が小さいうちは急に熱を出したりといったことも少なくありません。体調管理も仕事のうちですが、子供のことはそう簡単にはいきませんから。そういう時のバックアップ体制をチームが協力して整えようという雰囲気があります。
男性社員も子供がいる、いないにかかわらず、こういったことに協力的なのは非常にありがたいです。
学生の皆さんへのメッセージ
学生のうちに机上では勉強できない色々なことを経験してきて欲しいです。
システム開発者もお客様のかかわりが重要な職種です。アルバイトなどを通して人と接することを体験しておいて欲しいです。
女性のみなさんには、長い目で見た仕事選びをして欲しいです。長い人生の中で仕事をどのように位置づけるかは人それぞれだと思いますが、自分のプランに合った仕事選びをして欲しいです。
せっかく身に付けたキャリアを長く活かせないのはもったいないですからね。
interview01-2

先輩社員の一日~ある1日の例~

5:00  起床
自分の身支度、洗濯、簡単な掃除、朝食の支度などを済ませる
6:30  夫、子供たちが起床
子供たちの身支度をし、朝食
7:30  出勤
上の子が登校するのを見送った後、下の子を保育所に送りつつ出勤
8:40  出社
始業までにメールのチェック、今日の作業確認
9:00  始業
社内にいる全社員での朝礼の後、グループメンバーでの作業確認をして業務開始
9:15~10:00  ミーティング
グループメンバーとのミーティング
10:00~12:00  業務1
お客様システムのデータ移行作業の準備
12:00~13:00  お昼
社内で持参したお弁当を食べる
13:00~16:00  業務2
システム導入の見積作成
16:00~17:15  業務3
マネージャーと見積のレビュー
17:15  会社を出る
保育所と児童館にお迎えに行きつつ帰宅(お迎えの時間の都合もあり、時短勤務)
18:45  帰宅
・夕食の準備をしつつ、子供の宿題
を確認
・夕食、お風呂
21:00  子供たち就寝
・子供たちを寝かしつけながら
そのまま寝てしまうことも・・・
・洗濯物をたたんだり、明日の準備
をして就寝
22:00  就寝
夫は帰宅が遅く、夕食を一緒に食べることがほとんどないので、夕食の片付けは夫の担当(いつのまにかそうなりました)