請求管理システム

申込から請求まで、日々の管理作業ををアップデートするシステムをご提供

Billing Management 2.0

請求管理をアップデート
Unsplashed background img 1

timeline

システム導入の経緯

  お客様の新サービスの立上げと同時に、申込から請求・収納を一元管理するシステムを新規開発しました。当初は業務上未確定な部分も多いことから、簡易システムとして柔軟に開発できるMicrosoft Accessを採用し、初期バージョンをリリースしました。次第に申込件数の増加などにより、1人での作業が厳しくなり、Webシステム化する経緯となりました。同時に、顕在化した業務仕様に対してお客様の要求を細かく分析し、複雑な仕様を柔軟に機能改良しながらWebバージョンのリリースを実現させました。

解決へのアプローチ

システム化に伴う課題・要望に対する迅速な対応実績

その事例の一部を紹介します

Unsplashed background img 1

事例①

従業員Aさん

  本システムを導入する以前、請求管理は単数ユーザーのみで作業を行っており、契約数の増加に伴い作業効率が著しく低下する問題を抱えていました。Webシステムの利点の一つとして、複数人が同時に画面を操作できることが挙げられます。その際、排他制御やユーザー権限の制御を考慮してないとデータ破損などの重大な障害につながる恐れがあります。本システムでは「多人数でも同時に操作したい」、「別業者へ業務委託して作業効率を上げたい」との要求に応えると同時に、複数操作に対する綿密なテストや、ユーザー単位の利用可能な機能権限を要求通りに実現しています。

事例②

従業員Bさん

  従来までのデータ管理はAccessツールを利用し、ユーザーが定期的にバックアップを作成して運用していました。データ管理は手動で行うと人的ミスにより、多大な修正の労力を有する危険性があります。本システム構築時には、Microsoft製品の取り扱い経験の豊富なエンジニアがAccessと親和性のあるMicrosoft SQL Serverへ移行を行っています。同時にストアドプロシージャによるバックアップ機能の自動化や、リストアなどの運用を考慮した柔軟なデータ管理を実現しています。

事例③

従業員Cさん

  定期的なバックアップや画面操作などのシステムについて、ユーザーからの運用担当者への問合せが多くなると時間がとられてしまうことが多々あります。本システム導入時には、運用負担も考慮し、バックアップ自動化や画面の使いやすさを綿密に検討しています。画面についてはユーザー直感的に操作できるよう、業務に沿った柔軟なUI・UXを実現しました。

Billing Management 2.0

請求管理をアップデートする

システムの特徴の一部を紹介します

Unsplashed background img 1

複雑な仕様をカスタマイズ

請求・消込のタイミングによる制御や、督促記録のような入金状況の確認など、お客様の独自の複雑な仕様をカスタマイズして導入します。

請求データ自動化

毎月手作りしていた委託先へ連携する請求データを自動化、さらに複雑な月次処理や台帳管理の情報源を自動化して正確性を向上します。

フレキシブルなUI・UX

紙ベースの複雑な申込書からの入力にもストレスを感じさせない設計を提供します。導入したお客様からも好評を頂いています。

web

画面レイアウト

1.申込書の多大な入力項目を1画面に管理
  申込書の登録項目は時として膨大かつ複雑になる場合があり、システムの入力画面に単純に適用させるとユーザーの使い勝手が極端に悪くなり、かえって作業効率が上がらなくなるケースが良くあります。本システムでは多大な入力項目を1画面で登録したいという要望に対し、操作性を失わないよう綿密なデザインを施しました。画面が縦長となってもすぐに表示したい項目に飛ぶようなリンクや、項目の配置をこだわっています。
2.可変的な入力項目を柔軟かつ直感的に操作可能
  管理するデータが複雑になるほど、入力画面も複雑になり直感性が失われることが多々あります。例えば可変的なレコードデータを取り扱う場合、追加するたびに画面が更新されては作業効率が極端に悪くなります。本システムでは可変データも直感的に追加・削除できるよう非同期通信を用いるなど、UI(ユーザーインターフェース)だけでなく、UX(ユーザー体験)も配慮したつくりを実現しています。ユーザーがどの順番でどのようなデータをどのような流れで操作するかを分析し、システムに落し込んでいます。

live_help

請求業務はお任せください

  過去に数多くの請求系のシステム構築実績があり、システムだけでなく請求業務の知識を理解したエンジニアが在住しています。経理の仕訳作業などに対する細かな要求も、簿記の資格を保有したエンジニアが柔軟にサポートします。保守契約を結ぶことで運用を迅速にサポートします。

school

MCPを保有しています

  開発チームの複数人がMCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)の認定資格を保有しています。この資格はシステムの根源となるプログラミング言語の幅広い知識を保証しており、障害を発生させないためのシステム開発へのアプローチとなります。

computer

使用技術・環境
サーバー:Microsoft Internet Information Services (IIS)
プログラム言語/フレームワーク:C#/ASP.NET MVC
データベース:Microsoft SQL Server
お問い合わせ
Unsplashed background img 3

システムや技術に関するご質問や、
詳細な情報が欲しい、デモやカスタマイズなどの各種ご相談などは下記フォーム、
または、お電話にてお気軽にお問い合わせください。

person_outlineお問い合わせフォーム

お電話でのお問合せは
営業日の営業時間内に限らせていただいております。
初めての方は「ホームページを見ました」と言っていただけるとスムーズに対応できます。
担当が外出ないし、席を外している場合は
折り返しお電話差し上げます。

phone

022-221-9061

person_outline
営業日 月曜日~金曜日
9:00~17:30