MEMBER MANAGEMENT SYSTEM

会員管理システム

MEMBER MANAGEMENT SYSTEM

入会や退会など基本的な会員管理から、請求・入金・未収金管理までサポート

 

supervisor_account

ホストコンピューターから最新のWebシステムへのリプレース
  ホストコンピューターの老朽化に伴い、約70万人を管理する大規模な会員管理システムをWebシステムへ刷新するプロジェクトの支援を行いました。
  ホストコンピューターを利用した業務のヒアリングから始まり、既存システムのリプレースだけではなく業務改善や機能拡張も合わせて行い、新システムの運用を開始しました。
 
 

背景
Unsplashed background img 3

done

時代の要求への対応
 
時代の流れから、旧来のホストコンピューターシステムだけではカバーしきれないような要望への対応も必要とされました。
BCPの(事業継続計画)の強化  

震災の経験を活かし、Webシステムに移行すると同時に、最新のIT環境を活用したBCP(事業継続計画)の強化も行われ、災害時に早く事業を復旧・存続するための基盤でシステムを稼働することになりました。
セキュリティの向上  

Webシステム化により、各拠点から同時に複数人が利用できるようになることから、セキュリティへの配慮が必要とされました。認証機能と同時に、操作ログを出力するなどして高いセキュリティを保つような仕組みを実装しました。
管理情報の詳細化  

旧来のホストコンピューターでは、初期に構築されたシステムを拡張しながら運用してきたため、本来管理したい項目が管理できないなど、大きく変更できずに運用を続けてきました。そのためリプレース後は、より詳細な項目にて会員の管理を行うことを求められ、会員へのサービスの向上に貢献するWebシステムを実現しました。

アプローチ
Unsplashed background img 3

supervisor_account

お客様との協力体制
 
  既存のホストシステムには設計書などのドキュメントなど残っていなかったために、お客様のシステム部門の担当者や、エンドユーザーとなる現場部門の担当者にヒアリングをしながらシステムの設計・開発を進めました。
 
 
 
  
設計・開発を進める中で、目に見える画面インターフェースについては仕様が明らかにしやすいために、当社にて開発に着手してプロジェクトを進めました。夜間のバッチ処理などは、仕様の分析にどうしても時間がかかる点が残るために、お客様のシステム担当部門のお客様が開発を担当し、作業を分担してプロジェクトを進めました。
 

 
  
システムの画面インターフェースについては、利用者のITの知識・経験が様々なために、現場部門の担当者の要望から、より分かりやすく操作しやすいWeb画面インターフェースとなるように考慮して開発しました。
 
 
  
システムリリース後は、データの移行も含めて無事に完了し、運用開始となりました。

  運用開始でシステム開発は完了とならず、例えばWebAPIのインターフェースを追加して、会員を訪問してタブレット端末から会員情報を参照・更新するなど、サービスの追加に伴う機能の改修などを続けております。また、今後は消費税率の変更や軽減税率の対応、キャッシュレスへの対応、インボイス方式への対応、など税制の変更や時流に合わせ、お客様との協力体制を保ちながら責任を持ってシステムの改修を進めております。

Contact Us

お問い合わせ

Unsplashed background img 3
 

サービスの利用に関するお問い合わせ、より詳しい情報が欲しい場合はお気軽にお問い合わせください。デモ・各種ご相談などのお問い合わせ、お申し込みは下記フォーム、または、お電話にてお気軽にお問い合わせください。

 

person_outlineお問い合わせフォーム