もう一つのSRA東北

外国人旅行者2000万人、世界が日本に注目!攻めのITでおもてなし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんこんにちは。
いつも当サイトをご利用いただき、ありがとうございます。

ご無沙汰しております営業戦略部の我妻裕太です。
最近第一子が誕生しましてお仕事、子育てともに奮闘中です(笑)

これから年末に向けて寒くなりますが、寒さに負けないように頑張ります!
みなさんもお体にお気をつけてください。

っということで、本日は寒さにまったく関係ありませんが、海外に目を向けた外国人観光客(インバウンド)についての記事を投稿したいと思います。

しばらく、原稿執筆をお休みしておりましたが、その間いろいろなことへの取り組みや、いろいろなところを駆け巡り勉強してきましたので、学んだことを発信できればと思います。

本日の記事がみなさんの何かのお役に立てれば幸いです。

※本記事内では外国人観光客=インバウンドと定義しておりますので、ご了承ください。

▼目次

外国人観光客数は過去最高の約2000万人をマーク

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%893

引用元:日本政府観光局(JNTO)訪日外客数の動向より

さっそくですが、まずは上記のグラフをご覧ください!お馴染みの方も多いかと思いますが、こちらは日本政府観光局(JNTO)が発表している訪日外国人観光客数の調査結果をグラフにしたものです。この調査結果によりますと、2015年時点での外国人観光客数過去最高の約2000万人をマークしました。

もともとは2020年までに2000万人を目標としていましたが、観光立国を目指す政府のビザ緩和などの政策により予定よりも5年早い計画達成をしました。

今、世界が日本に注目しているのです!

ちなみに、2000万人を達成したあと、政府も計画を変更し、2020年までに訪日外国人観光客数を倍増の4000万人を目指すとのことで、今まで以上に、さらにたくさんの外国人観光客が訪れることになります!

来るぜっ!世界!!

次回訪日の際に日本でしたいこと

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%894
引用元:GMOリサーチ株式会社『訪日中国人の消費行動調査』

昨年流行した「爆買い」ですが、中国人観光客に焦点を当てますと、これまではどちらかというと買い物がメインでの訪日でしたが、次回は何をしたいのかというと・・・

いろいろあるようです(汗)

GMOリサーチ株式会社様の調査結果を参考にさせていただきますとショッピングの他に日本食を食べること、自然・景観観光、そして、日本の歴史・伝統文化体験をしたいとのことで、買い物以外の新しい「爆」が流行するかもしれません!!

っという私の見解ですので、あくまでも参考としてご覧ください。

外国人観光客(インバウンド)への言語対応が課題

ここまでは外国人観光客の訪日によって新しいマーケットができている!盛り上がっている!急いで外国人観光客(インバウンド)に向けた対応を!と思われる方が多いかと思いますが

いったん足を止めたいと思います。

実はたくさんの外国人観光客が訪れる一方で課題も出てきているようです。
次にご覧いただくのは「日本経済新聞」様のとある調査結果です。

おもてなし「ニッポンのココが残念」 外国人100人に聞く:日本経済新聞
1位 外国語サービスが少ない
2位 無料Wi−Fiの整備が遅れている
3位 飲食店の食券システムがわからない
4位 飲食店で食べ方を教えてくれない
5位 現金しか使えない店が多い

引用元:日本経済新聞「おもてなし「ニッポンのココが残念」 外国人100人に聞く」

日本経済新聞様の調査によりますと、自分たちを意識した外国語のサービスが少ないと多くの外国人観光客が感じているようです。っということは外国語のサービスを始めれば、外国人観光客が来てくれるのではないでしょうか。

外国人観光客のおもてなしのヒントはそこに隠されているのかもしれません。

東北でも外国人を意識した企業やサービスが・・・

外国人観光客(インバウンド)へのサービスはこれまでは首都圏や関西圏、九州などで見かけることが多かったですが、SRA東北の地元仙台でも外国語サービスを目にする機会が増えてきました。
例えば、こんな感じです。
みなさんの身近なところでも目にする機会が多いのではないでしょうか。

最近見つけた外国語サービスの事例

1.某ショッピングセンター様のインフォメーション
ショッピングセンター内でのインフォメーションで日本語の他にハングル、中国語での受付を行っていました。

2.某回転寿司様
最近、タブレットでの注文ができるようになってきましたが、そのタブレットが日本語の他に英語、中国語で注文できるようになっていました。

3.某宿泊施設
館内の案内やメニューなど日本語、英語、ハングルでおもてなしされていました。

外国語のサービスを初めてから徐々に増えた!

実際に外国語のサービスを行っているとあるお店の方に話を聞いてみると、外国人が多いから外国語サービスを始めたわけではなく、外国人に来てもらいたいから外国語のサービスを開始したとのお話を聞かせていただきました。さらに外国語のサービスを初めてから徐々に外国人観光客(インバウンド)が増えたとのことです!

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8910

その他に関西圏の方では日本語以外の多言語メニューを用意し、外国人観光客の口コミで一気に外国人観光客の来客が増えたとの事例もあります。飲食店のメニュー自体も重要な外国語サービスの集客ツールになっていると考えられます。

などなど外国人観光客(インバウンド)に来てもらうためには外国語サービスが必要?っと勉強させていただきながら、例えばこんなものがあったらどうでしょうかと考えてみました!

外国語サービスを実現!多言語名人(TAGENGO MEIJIN)!

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8912

外国人観光客(インバウンド)への外国語サービスを実現!多言語名人!!

「多言語名人(TAGENGO MEIJIN)」は多言語メニュー、動画コンテンツなどのデジタルコンテンツをタブレットで表示する電子メニューです。
観光地の飲食店や宿泊施設など「メニュー」を利用するあらゆるシーンでインバウンド対策が可能です。

日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)のデジタルコンテンツを提供することにより、「外国人観光客(インバウンド)への言語対応」の課題を解決します。

多言語名人(TAGENGO MEIJIN)サービスの概要

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8915

1.電子メニュー
日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)で商品を閲覧できます。
食材表記にピクトグラムを採用しているため外国人観光客にとっても安心・安全です。

2.動画による商品紹介
メニューをただ電子化するだけでなく、素材の産地や生産者からのメッセージ、作り手のこだわりなどの様子を収めた動画を挿入することで、飲食店様のこだわりを伝えることができます。

3.ウェブページ
日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)で商品情報等を閲覧できます。来店前にお店のメニューをご覧いただくことが可能です。

4.メニューブック
Webページを印刷すれば、日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)のメニューとして利用できます。
デジタルだけでなく、アナログでのサービス提供も可能です。

画面の奇麗なタブレットで商品をみせることにより、商品をより一層美味しそうに見せることができます。
また、多店舗への展開もURLを展開すれば、ローコストでメニューの反映や切り替えが可能です。

多言語名人(TAGENGO MEIJIN)3つの特徴

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8917

特徴1:高品質!
実はSRA東北には中国出身の盧鋭(ロエイ)君が社内にいます!翻訳は中国出身の盧鋭(ロエイ)君が行うので、機械翻訳にはない、品質の高い言語サービスを提供することが可能です。

特徴2:伝わるデザイン
食材表記にピクトグラムを採用!ピクトグラムを使った食材表記で外国人観光客(インバウンド)にとっても安心・安全!
アレルギー特定原材料、宗教上、ベジタリアンに特に考慮すべき項目をピクトグラムで表記します。

特徴3:翻訳に正解はない!
とらえ方は国によって違うので、主成分や味を記載!
外国人観光客(インバウンド)が味をイメージできるように工夫しています。

多言語名人(TAGENGO MEIJIN)提供するサービス

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8918

1.Webサイト兼電子メニュー

Webサイト兼電子メニューとなるサイト環境をご提供いたします。
Webサイトの構築には専門的な知識が必要となる場合が多いですが、面倒なインストールや設定作業は代行いたします。

2.多言語翻訳

日本語コンテンツを準備いただいたものを英語、簡体字、繁体字に翻訳いたします。
機械翻訳ではなく、丁寧な作業で思いを形にいたします。

3.Webマーケティングレポート

Google アナリティクスと連携したWebレポートを提供いたします。
どの商品が多くみられているか?どこから見られているか?など次のアクションにつながるレポートをご提供いたします。

4.SENTOKOでのPR

みなさんのビジネスを応援いたします。弊社Webサイトでのご紹介や仙台の情報配信サイト「SENTOKO」でのPRを調整いたします。

本日のまとめ

っということで本日のまとめです。今回のポイントは以下のとおりです。

1.外国人観光客数は過去最高の約2000万人をマーク
2.外国人観光客(インバウンド)への言語対応が課題
3.東北でも外国人を意識した企業やサービスが・・・
4.飲食店のメニュー自体も重要な外国語サービスの集客ツールになっている
5.外国語サービスを実現!多言語名人(TAGENGO MEIJIN)!

これから、外国人観光客(インバウンド)への対応を検討したいという方がいれば、ぜひ参考にしてみてください。

その他のインバウンド対策のサービスはこちら

IBM Watson活用事例
AIチャットボットコードネーム「s a r à」

外国語に対応したAI連携チャットボットもあります。対応している言語はベータ版も含めると11言語を超えます。本日は主要な11言語のみ記載します。多言語対応があることによって日本国内での利用から海外へのサービス展開の足掛かりになるはずです。海外展開の起爆剤を探している方がいましたら、ぜひご相談ください。

【対応言語一覧】

  1. 日本語
  2. アラビア語
  3. ドイツ語
  4. 英語
  5. スペイン語
  6. フランス語
  7. イタリア語
  8. 韓国語
  9. ポルトガル語
  10. 簡体字(ベータ版)
  11. 簡体字(ベータ版)

【IBM Watson活用事例AIチャットボットコードネーム「s a r à」紹介ページ】
https://www.sra-tohoku.co.jp/learning-30/

お気軽にお問い合わせください!

今回は外国人観光客(インバウンド)の話をしながら、例えばこんなものがあればいかがでしょうかシリーズの「多言語名人(TAGENGO MEIJIN)」をご紹介させていただきました。

観光立国を目指す「日本」。これから先たくさんの外国人観光客(インバウンド)が来るからこそ、今、対応が必要な外国語サービス。みなさんのビジネスの販路拡大に外国人観光客(インバウンド)を意識した攻めのIT投資を検討してみてはいかがでしょうか。

本日の記事がみなさんのお役に立てれば幸いです。

今回も記事をお読みいただき、ありがとうございました。
また、次回もどうぞ、よろしくお願いいたします。

ITのことでお困りのことがありましたら、遠慮なく、お気軽にご相談ください!

2015-1224-04
株式会社SRA東北
我妻裕太

お問い合わせ窓口

弊社製品・サービス等にご興味を持っていただきありがとうございます。
ご相談/お見積り依頼などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

otoiawase

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問合せは営業日の営業時間内に限らせていただいておりますのでご了承ください。
初めての方は「ホームページを見ました」と言っていただけるとスムーズに対応できます。
担当が外出ないし、席を外している場合は折り返しお電話差し上げます。
受付時間:営業日 月曜日~金曜日 9:00~17:30

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る