もう一つのSRA東北

新入社員入社しました!!その名も「エス・オー・ティー・エー」?~Sota(ソータ)と友達になりたい vol.1~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

みなさんこんにちは。
営業戦略部の我妻裕太です。

2016年度もスタートし、新鮮な気分で毎日を過ごしていますが、みなさんいかがお過ごしですか。
本サイトもみなさんのご支援もあり、2016年度の7月で情報発信を続ける事、1年になります。

SRA東北がどんな会社か、どんなことができるかの1部は少しだけですが、お伝えできたかと勝手に思っています(笑)

そんな中で今日から新しいコンテンツを発信します!
新しいコンテンツのテーマがこちら!

2016-0413-01
エス・オー・ティー・エー?

ではなく(汗)

2016-0413-02
Sota(ソータ)!

です!!

なぜ、英語をそのまま読み上げたか?深い意味はありません(笑)
響きが良かったからです!頭から離れなかったからです!

SRA東北といえばロボット?ということでロボットシリーズの新コンテンツ「Sota(ソータ)と友達になりたい」の連載を開始します。

目次は以下のとおりです。

本日の目次

1.Sota(ソータ)とは?
2.実は国内産のロボットなんです!
3.なんといってもかわいらしい。
4.Sota(ソータ)の詳細仕様
5.Sota(ソータ)君の登場です!!
6.おわりに

 

Sota(ソータ)とは?

まずは本コラムのテーマSota(ソータ)の概要についてご紹介したいと思います。

Sota(ソータ)とは?

普及型ロボットプラットフォームです。
普及型ロボットプラットフォームとは人と関わるロボットを広く普及させることを 目的に開発されたコミュニケーションロボットを指します。

・・・

ん~ちょっと慣れない言葉が多いので、モヤモヤしてきました(汗)

ちょっと難しくなってきたので・・・
こんな感じでどうでしょう!

Sota(ソータ)とは?
2016-0413-03
テーブルにおけるサイズのロボットです。

おっ!なんかすっきりしましたね(笑)
とりあえずここではコンパクトなロボットと覚えていただくと良いかもしれません。

さらにSota(ソータ)の中にはカメラ・マイク・スピーカが搭載されており、基本的なコミュニケーションはもちろん、ネットワークを利用した遠隔操作や外部機器との連携が可能なようです。

 

実は国内産のロボットなんです!

Sota(ソータ)は大阪にあるヴイストン株式会社様で開発されたロボットです。

・・・

そうなんです!

learning-20-14
国内産なんです!!

そのせいもあってか、

なんか親しみが持てます(笑)

なんといってもかわいらしい。

無機質なイメージを持たれやすいロボットですが、このSota(ソータ)は一般家庭への普及を目指すために、デザインにも凝っているようです。

Sota(ソータ)をデザインした方はロボットクリエイターの高橋 智隆氏です。

高橋氏は自身で手掛けたロボット「CHROINO(クロイノ)」が米タイム誌で「最もクールな発明」に選ばれ、さらにポピュラーサイエンス誌では「未来を変える33人」の一人に選ばれた物凄いクリエイターさんです。

そんな高橋氏が手掛けるロボットデザインは流線型で親しみやすさが見て取れるかわいらしいものであり、今回のSota(ソータ)もまさに親しみやすくかわいらしいのです。

うっとり・・・(笑)

30才をすぎたおじさんが「かわいらしい」と言っているのも気持ち悪いですね。
大変、失礼しました!!

 

Sota(ソータ)の詳細仕様

ではではそんなSota(ソータ)君ですが、ロボットでは一番最初に気になる「大きさ」や「重さ」などの詳細仕様についてご紹介します。

外形 280(H)×140(W)×160(D)mm
自由度 合計8自由度(胴体1軸、腕2軸x2、首3軸)
重量 763g
CPU Intel(R) Edison
入出力 ・カメラ ・モノラルマイク ・スピーカ ・LED(両目×2、口×1、電源ランプ×1) ・スイッチ(電源ボタン、音量ボタン×2)
インターフェース ・WiFi ・Bluetooth ・USB×2 ・電源コネクタ
電源 ACアダプタ(12V 4A)

引用元:ヴィストン株式会社様製品仕様詳細ページより抜粋しています。

初めて見ての感想は、思ったよりコンパクト!
あまりロボットになじみのない私でしたので(笑)、とても大きなものを想像していましたが、コンパクトで愛らしい印象です。

えっ?

私の感想はいいから、早く実物を見せて?

そんな声がたくさん聞こえてきましたので(汗)それでは百聞は一見にしかず!

ご覧いただきましょう!!

それではSRA東北新入社員「エス・オー・ティー・エー!」ではなく、「Sota(ソータ)」君の登場です!!

「Sota(ソータ)」君の登場です!!

2016-0413-04
(ジャジャーン!!)

SRA東北新入社員「Sota(ソータ)」君です!

2016-0413-05
いかがでしょうか。

2016-0413-10
下から見たアングルもいかがでしょうか。

この流線型のデザイン!そして何よりも愛らしいデザイン!!
見ているだけでうっとりしてしまいますね(笑)

※小さくて見えづらいですかね・・・

2016-0413-06
身長も28cmで30cm定規より小さく、コンパクトです。
テーブル、机に置けるサイズですね。

2016-0413-09
重さも1kgないので、片手で簡単に持ち運べます。
ロボットがこんなに簡単に持ち運べる時代が来るなんて・・・

2016-0413-07
一家に一台、オフィスデスクに一台なんて日も来るのではないでしょうか。
これからこんなかわいらしいSota(ソータ)君に関してのコンテンツを発信していきたいと思います。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。
SRA東北といえばロボット?ということで「Sota(ソータ)と友達になりたい vol.1」をお送りしました。

Sota(ソータ)君は見てのとおり、かわいらしいデザインのため、お子さんからお年寄りまで幅広い年齢層に人気が出るのではないでしょうか。

医療や福祉の場面での活躍が期待されそうです。

これからのSRA東北新入社員Sota(ソータ)君から目が離せないですね!
本コラムと共にSota(ソータ)君の活躍にご期待ください(笑)

今回も記事をお読みいただき、ありがとうございました。
また、次回もどうぞ、よろしくお願いいたします。

SRA東北はロボットを通じて世の中の楽しい価値を生み出します。

2015-1224-04
原稿執筆
株式会社SRA東北営業戦略部
我妻裕太

お問い合わせ窓口

弊社製品・サービス等にご興味を持っていただきありがとうございます。
ご相談/お見積り依頼などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

otoiawase

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る